「親知らず」の話 その2

「やっかい者 親知らず」

  さて、[ちゃんと生える場所」がないとき、「親知らず」は変なところに生えたり、アゴの骨の中に埋まったままになったり、ゆがんで頭を出したりします。
このことが、「智歯周囲炎」(ちししゅういえん)という特有の化膿を引き起こすのです。
  「親知らず」の”悪行”は、化膿だけではありません。【図ー1】のように、「親知らず」が横になって埋まっていると、手前の歯に「虫歯」を作ったり、歯を支えている骨や手前の歯の根の吸収を起こしたりします。
 また、 【図ー2】のように「親知らず」が顎の骨の中で成長するに伴って、歯並びを悪くしたり咬み合わせの異常をひきおこすこともあり、抜歯が必要なことがおおいのです。
 
 「しっかりした歯ぐき」にちゃんと生えている場合は抜く必要はありません。
但し一番奥にはえているので歯ブラシが届きにくく、「虫歯」や「シソーノーロー」にならぬように気をつけて歯ミガキをしてください。

backnexthome

へ戻る