お口の乾き」について その3

乾きへの対策

 原因がはっきりしている時は、まず原因対策!
  空気の乾燥→加湿器の使用  いびき・口呼吸→鼻の病気の治療やマスクの使用  薬剤による可能性がある時→主治医に相談する。  病気の時→原因疾患の治療  又、「乾き」の症状がかなり強く長期間生活上支障がある時は→「人工唾液」を一日数回使用、内服薬の服用(但し特効薬はない) 唾液分泌促進ドロップ、レモンやみかんなどの酸味のあるものを時々摂って唾液分泌を促進させる。
お口滑らか梅干ばあさん

 「乾き」が強く食事もとりにくいときは、唾液分泌を促す様に味付けを工夫し、単調なメニューを改善する。水分の多い食物を使い、乾いて粘膜に張り付くものを避ける。お茶など水分をいっしょにとる。醤油など塩辛いもの、刺激のあるものを減らす。
  また、ずっと口が乾いたままだと、歯周病やムシ歯になりやすいので、歯の治療や歯磨きなどお口の管理に特に気をつけること。また、ちょっとした歯のとがりで舌が痛みやすいので、その時は歯科で丸く磨いてもらうとよいでしょう。

backnexthome

へ戻る