お口のお手入れ用品 その2

歯ブラシ使いのコツ


 さて、歯ブラシの取り替え時期ですが、毛先が開いてきたら新品と取り替えてください。
ある程度使い込むと毛の弾力が落ち擦り切れて曲がり、毛先がスミズミまで届かなくなり歯グキを傷つけたりもします。
 通常1〜2ケ月で替えたほうがよいでしょう。あまり早く毛が開くのは、強く磨き過ぎですので注意しましょう。
毛が開いた歯ブラシ
 大半の人は、大きくゴシゴシと音をたてて「横磨き」をされているようです。これは、歯グキを傷め、歯の付け根をすり減らしたり、歯の根が露出したり、知覚過敏症(水にしみたり、歯ブラシがあたると痛む)を起こしたりします。
対策としては
 @歯磨きのとき歯ブラシを小刻みに横に動かす A研磨剤入りの歯磨き粉を中止又は減らす Bブラシを当てる圧力を減らす→持ち方を変える・毛の柔らかいブラシに変える 等を行う必要があります。
歯肉のわれ目 根の露出歯のすり減り オイラは二刀流
 最後に、アドバイス!
歯ブラシを使った後は、不潔にならない様に、十分洗って、良く水をきって、コップ等に立て、しっかり乾かしましょう。
又、1本だけの歯ブラシより、2〜3本の歯ブラシを交代で使うほうが長持ちしますしブラシを清潔に保つ上でも良いのです。

backnexthome

へ戻る