お口のお手入れ用品 その3

デンタルフロスと歯間ブラシ


お口の清掃具は、まず歯ブラシが第一ですね。しかし、歯と歯の間の汚れは歯ブラシでは完全には落ちないことはご存知ですか?
 つまり、「歯ブラシ一本やり」では、歯と歯の間に出来る「虫歯」や「歯周炎」は防げないのです。
 そこで開発されたのが、@デンタルフロスと A歯間ブラシといったものです。ご存知の方や、既にお使いの方もおられると思いますが、必ず使用していただきたい道具です。 もっとキレイにしてハイヨ!

 これらはどんなものかと言いますと
@デンタルフロスはナイロン製の強い糸でできています。【図1】のように歯と歯の間にフロス(糸)を通して、歯の付け根の所から上(歯の先端)に向かって糸を歯に押し付けながら汚れをかき出すのが基本です。
 A歯間ブラシは、皆さんが昔、理科の実験で使った試験管洗いブラシのミニ版と考えて下さい。【図2】のように歯と歯の間の空隙に突っ込んでゴシゴシと出し入れするのが基本です。
デンタルフロス歯間ブラシはどのように使い分けたらよいのでしょう?
 @歯と歯のスキマ(歯間空隙という)が大きいかどうかで、スキマの小さい人はフロス、スキマの大きいひとは歯間ブラシを使ってください。
 子どもや若年者は、普通デンタルフロスですね
 A ブリッジや連結冠(隣り合わせにかぶっている冠がつながっている)のところはフロスが入りませんので歯間ブラシを使ってください。

 フロスも歯間ブラシも初めて使う時は戸惑いますが、使い慣れると以外と簡単!
 でも、中には「オラ、不器用かけん、どうも使いきらん」とか、「ワタシ、お口が小さいから奥まで指が入らないの」と言う方にはそれぞれ便利なものがあります。
 デンタルフロスはフロスホルダー【図3】を使うと便利です。
また、既製品で「糸つきようじ」といって最初から糸がついているものもあります。
 歯間ブラシは、ハンディタイプのものがコンパクトで人気がありますが、奥歯の間が届きにくい時は長いハンドルのホルダータイプのもの【図4】(先だけ付け替え式になっている)が便利ですね。
 また、歯のスキマの大きさに応じてブラシの太さが色々ありますので使い分ける必要があります。
 いずれにしても、デンタルフロスや歯間ブラシを使われる時は、歯科医院で @自分にあったものを A正しく使えるように、しっかり指導を受けて下さい。

backnexthome

へ戻る