イニシャルプレパレーション

〜歯周病の基本治療〜

 イニシャルプレパレーション。聞き覚えのない言葉でしょうが、歯周病に対して行う基本的な治療のことです。軽度の歯周病のみの人に対してはこの治療のみでよい時が多いのですが、中〜重度の歯周病のある方に対しては、治療の第一段階となると言う意味で「初期治療」と呼ばれることもあります。
 どういう治療かと言いますと、歯周病の根本的原因であるプラーク(バイ菌が集まってかたまりをつくり歯にべったり粘着したもの)を取り除いたり、減少させて歯グキを清潔な状態にして炎症を消失〜軽減させることです。

 具体的には、主に次の二つです。
T 歯ミガキなどの口腔清掃法の指導
 (殆どの人が以前歯ブラシ指導を受けていてもうまく清掃が出来ていません。)
U プラークが固まって出来た歯石の除去(スケーリング)や、プラークや歯石で汚染した歯の根の表面の清掃(ルートプレーニング
 その他に
Bプラークの溜まり場となる適合の悪い冠の除去
C大きな虫歯の治療や不良な歯の抜歯
 又、あまり歯がゆるんでグラついていると、歯周病を悪化させるのでよくありません。そこで
Dグラついている歯の咬み合わせの調整
E強くグラついている歯が有る時は一時的な歯の固定(暫間固定) 等があります。
暫間固定

特にTの口腔清掃指導は重要なポイントです。プラークがなければ、通常の歯周病は起こりません。しかし、歯ブラシでのプラークの完全な除去はきわめて困難です。いかにプラークを”0”に近づけて恒常的に歯や歯グキを清潔に保つかが、歯周病の予防や治療後の良好な状態を維持出来るかに直結しているのです。
 そして、このことは各人が一人で出来るものではありません。(もちろん、歯磨きは本人がするのですが)皆さんと歯科医院が協力して試行錯誤を繰り返しながら清掃の練習を行い、個々人に合ったやり方を確立してゆくものです。
歯ミガキ指導イヤイヤじいさん
 どんな磨き方が合っているのか、磨き残しは無いか、逆に磨きすぎは無いか、歯グキの炎症が改善してきているか、他の補助清掃具(デンタルフロスや歯間ブラシなど)の使い方も含めてチェックと練習をします。一朝一夕にうまく出来るようになるものではありません。 歯みがきスキスキじいさん
たいていの人がしばらくすると子供の頃からの磨き方にすぐ戻ってしまいやすいので指導を繰り返すことが必要です。
また、中〜重度の歯周病(シソーノーロー)の方に行う歯周外科処置でかなり良くなった場合でも口腔清掃がうまく維持出来ないと元の状態に戻ってしまうことも有るのです。
イニシャルプレパレーションの段階で、この事を確認し理解してもらい十分な清掃を確立する意味もあるのです。(歯周治療の第一段階として)

backnexthome

へ戻る