whats new

代用甘味料のはなし


最近、菓子類、特にガムなどにシュガーレスの表示が増えてきました。主な目的は「虫歯」への配慮ですが、ダイエット=カロリーの過剰摂取を避ける意味でも喜ばしい事でしょう。
ところでなぜ「砂糖」が虫歯をつくるのでしょう?
それは歯の表面に付着している虫歯菌(ミュータンス菌など)が「砂糖」から「酸」を作る為です。その「酸」により歯の表面の硬い結晶構造を破壊し(「脱灰」だっかいという)、更に、歯の表面に穴をつくり(う窩という)本格的な虫歯の始まりとなるからです。
もちろん、「砂糖」(スクロース)だけが「酸」の原因になる訳ではありません。他の糖類(果糖、乳糖、その他)も酸の原因になります。ご飯や麺類などの「デンプン質」なども唾液の中にあるアミラーゼで分解されて麦芽糖やグルコースとなり、やはり「酸」形成の原因となります。
ただし、「砂糖」は少量でも多量の「酸」を生じるので虫歯の一因として槍玉に挙げられるのです。
実際、長時間ひんぱんに「砂糖」入りのガムやキャンディー、ドリンクをとる習慣の人は、多量に「砂糖」を摂らなくても、非常に虫歯が出来やすい事が判っています。

このため、「虫歯対策」として色々な代用甘味料が出回るようになりました。
「サッカリン」は古くからある人工甘味料で有名ですが、「砂糖」の安価な代用品として世に出たものです。味がいまいちのせいもあるでしょうが、「発ガン性がある」と非難された時期があり姿を消していましたが、さほど有害性はないということと殆どカロリーがないことからダイエット甘味料として再浮上してきました。
「アステルパーム」もサッカリン同様、強力な人工甘味料として最近開発されたものです。
アステルパームは犬猫には甘くない
 「オリゴ糖」は昔から食品に含まれていたもので、「砂糖」と混ぜて使うと効果があり、「砂糖」を使う必要が食品に添加利用されるものです。 「アステルパーム」は
犬,猫には
甘くない
「パラチノース」も代表的な代用甘味料の一つですが「砂糖」に混ぜて使う時、より有効な性質があります。
 「キシリトール」はガムに使われて有名になり急速に広まりつつある甘味料です。これは「糖アルコール」に分類されるもので、少量ですが果物など植物に含まれており天然に存在する物質です。
 「キシリトール」が注目される理由に、多少なりとも、反対に「虫歯」を抑制する効果がある為です

  唾液の少ない人や、甘いものに目がない幼児達に積極的に「ガム」や「タブレット」にして投与して虫歯予防を行おうとする試みもあります。ただし、糖アルコール類は大量摂取すると一時的に下痢を起こすことがあります。「マルチトール」や「パラチニット」も同じ糖アルコールの仲間です ミラクリン
 最近は,生活習慣病として「虫歯」のみならず「糖尿病」や「肥満」が急増しており、これからますます「代用甘味料」の利用が増えていくと考えられます。又、低カロリーで味がよく安全な甘味料がさらに開発されてくることでしょう。 こんなものもある!
「ミラクリン」

backnexthome

へ戻る